週に2回のんびりと更新していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノの森の満開の下 ぱじゃまソフト
2011年08月18日 (木) | 編集 |
ピアノの森の満開の下 ぱじゃまソフト

ゆいにゃんゲーとして名高い「ピアノの森」
短くまとまっている作品です



ピアノの森の満開の下 初回版ピアノの森の満開の下 初回版
(2007/08/24)
Windows

商品詳細を見る



内容は
病気により余命1週間と告げられた妹
なんとかしてやりたいと願う主人公は謎の店の主人に勧められてある田舎にある療養所を目指した

そこは緑豊かな不思議な場所だった

妹の病気は無事なおるのだろうか・・・

主人公と妹はどうなるのか


内容:C+
音楽:C
絵 :C+

プレイ時間
1周目:2時間 コンプ:5時間


内容に関してですけども
なんとも残念な感じでした
予想通りなだけならまだしももう少し丁寧に妹との接近を描いてほしかったです

あまりにも悩まずに付き合いだした主人公にちょっとついていけませんでした
そしてその急展開なもので感情移入もできずに・・・
泣くこともできず

ちょっと期待しすぎていただけに残念に感じたのでこの評価


音楽ももっとピアノを前面に出したBGMで来るのかと思ったら
全然そんなことはなくなんともどうでもよさげな・・・


絵もかわいいといえばかわいいんですけども
いまいちあいませんでした


内容も短いのでそれほど書くこともありません
いいところもあるのですけどもよくないところがどうも目についてしまう作品でした

ゆいにゃんが好きという方はやってみてもいいのではないでしょうか?


ピアノの森の満開の下 OHP


ぱじゃまソフト OHP
スポンサーサイト
プリズム・アーク ~プリズム・ハート エピソード2 ~ ぱじゃまソフト
2011年08月15日 (月) | 編集 |
プリズム・アークプリズム・ハート エピソード2 ~ ぱじゃまソフト

ぱじゃまソフトの人気作品?プリズムハートの続編のこの作品
世界感を引き継いだ物語となっています



PRISM ARK リマスター版PRISM ARK リマスター版
(2007/03/02)
Windows Vista

商品詳細を見る



内容は
国王であるマイステル王と王妃プリンセアが何者かの襲撃を受けて行方不明となった
そして各国と戦争が勃発してしまった

田舎に住んでいた主人公は騎士になることを目指し育成学校に進むのだが
その途中、謎の集団に襲われる一人の女の子の姿が・・・

主人公の騎士への道はどうなるのか
そして戦争の行方は・・・


内容:B
音楽:B
絵 :A-

プレイ時間
1周目:9時間 コンプ:30時間

内容に関してですがとりあえず長い
ひたすら長い
おもしろくないわけじゃないんですけどもキャラクターが多すぎです
かといってシナリオロックがあるので飛ばせるキャラがいるわけじゃないので・・・

細かいことは後述


音楽はなかなか好きです
プリズムハートの音楽を使ったりしてて前作をやった人はおっときますw

絵も綺麗でいいですね
そしてかわいらしく背景もとてもきれいです


プレイ時間に関してですけども
ゲームパートがあるんですがそれをやりこんだらこんなことになりましたw
やりこまずにコンプすればもっと楽にできるかと


お勧め攻略順は
共通END(やらなくても問題なし)→プリーシア→神楽→フェイ→華鈴→ヘル→リッテ→フィーリア

となってますが基本的にシナリオロックがかかっているので悩むのは最初の3人くらいです
フィーリアは他全キャラをクリアしないと
リッテは他5人クリアしないと
ヘルは華鈴をクリアしないと
華鈴は最初の3人をクリアしないといけないのでね

最初の3人の順は
最初にメインキャラ(っぽい)プリーシア
その次にお付きである神楽
最後にこの物語の裏側であり後のキャラに続く伏線となるフェイをやるのがいいかと


というわけで個別の感想は以下


共通END
はやらなくていいですね
ただ魔法石を集めたいのであればやる必要はありますが

ただ誰かの個別ルートを進んで8章?のダンスに誰も誘わなければいけます
なので気にする必要はないかと

魔法石を取る以外の意味はないので特に気にする必要はないです



プリーシア
ちょっと意外でした
ただそうなってしまうと答えは明らかなんですけどねw

ツンデレでわかりやすいキャラですね
まぁそのままきちんと進んでくれていいんではないでしょうか

レッドホットショットの使いやすさはこのゲームにおいて1番だと個人的に思ってます


神楽
いまいち攻略させた意味がわからないキャラですね
このキャラを削ってもう少し楽にしてほしいですw

戦闘パートでは回復役として大いに役立ってくれてありがたい限りです

いまいち神楽の特徴(不死)が活かされないというか
意味もないというか
設定が生かされない上に話に関係なさすぎて残念です


フェイ
わりとどうでもいいですw
戦闘においても役に立たずHPも低い、威力も低く使えません
序盤での数少ない全体攻撃なのでそこでは使えるような気もしますが
後半は無意味です

キャラとしても嫌いですw
ただ設定的にはわりと優遇されてる気がしますねw

だからといって個別が面白いかといわれたら・・・


華鈴
最もいらない個別です
なぜこの人を攻略させたのでしょう

結論としてはシスターヘルのかませでしかありません

戦闘において序盤は使えるような雰囲気です
後半は・・・


ヘル
なんとまぁわかりやすいキャラですよねw
特に予想を裏切ることはありません


リッテ
あまりにここまで来るのが長すぎて展開がわかってしまいますw
もう少し序盤で攻略させてください

戦闘において最も使えません
出番も少ないのでレベルも上がらず後半になると邪魔以外の何者でもありません


フィーリア
まぁ特に予想外のこともなく
ちょっとだけあーなるほどって思ったのは健康診断くらいでしょうか

それぐらいで特に何もないルートでした


このゲームの最大の問題点は
結局1つの結論にいきつくのに
ただひたすらにキャラが多く1度みた文章、大きく変わらない展開を見せられることでしょうか

そこがものすごく残念です
もう少しキャラを減らしてテンポ良く進ませればもう少しやりやすかったのではないでしょうか


ただゲームパートはなんとなく自分のツボでしたw
レベル99までもっていき
魔法石もコンプリート(無意味ですけども)

ただしよほどじゃない限りこのゲームパートは1周すればスキップできるのでスキップすべきかとw


戦う女の子がいるゲーム「PA」プリズムアーク
そういうのが好きな人はやってみてもいいかもしれません



プリズム・アーク OHP 

ぱじゃまソフト OHP
プリンセスうぃっちぃず ぱじゃまソフト
2011年08月13日 (土) | 編集 |
プリンセスうぃっちぃず ぱじゃまソフト

通称「プリっち」
ただの萌ゲーかと思っていたのですが、予想を裏切る燃えゲーでかなりよかったです
ゲームパートもなかなかの面白さです


プリンセスうぃっちぃずEXCELLENTプリンセスうぃっちぃずEXCELLENT
(2006/04/28)
Windows XP

商品詳細を見る



内容は
英雄になることにあこがれる主人公
そんなある日、夜に不審者が現れると聞きつけた

主人公は不審者をつかまえるために飛びだすのだが、そこにいたのは謎のモンスター
そしてそのモンスターと戦う”ヒロイン”
主人公が英雄へとなるために一歩踏み出すのだった・・・

主人公が英雄となるためのサクセスストーリー(若干嘘w)


内容:A-
音楽:A
絵 :A-

プレイ時間
1周目:5時間 コンプ:14時間30分


内容に関しては
良い意味で予想を裏切られました
なのでその分を含めてこの評価

音楽もなかなか熱いものが多いです、そして多彩ですね
かなり評価できます
幕間の予告?もかなり工夫されていてこ好印象です

絵もかわいいですね
そして表情もいろいろ変わりますし、立ち絵も結構動きます
なのでかなり評価が高いです

プレイ時間ですが
自分は攻略を見ながらバトルをしたのでかなり早いほうだと思います
もし見ないで自力で頑張るのであればもう少し時間がかかるんじゃないかと


お勧め攻略順は
林檎→正義編→真実編→クルルor委員長(英雄編)

これはほぼ絶対というかルート固定があるので悩む必要はないですね

物語の大筋に関係ない林檎からやってから正義編で物語を進めて
真実編をクリアして
そしてクルルと委員長なんですが、
ここは話が変わらないというかエピローグくらいの違いなので気にしなくていいかと


個別の感想というか
ルートの感想は以下

林檎
がんばってるキャラですよね
こういうキャラがいるから主人公は頑張れるんでしょう
他のルートはやっぱりかわいそうな立ち位置なのですが
林檎エンドはもちろんハッピーエンドでよかったですw

ぺんぎんかわいいですw


正義
なかなか考えさせられるルートですよね
物事は片面からだけ見てはいけないというか
リリアンがなかなかいい味を出しています

ラストは委員長との展開もなかなかですね

予想以上に重い展開にちょっとびっくりです


真実
こちらが正義編の反対というわけですがこれも予想以上
違った見方をさせるだけでここまで物語を変えて見せるのは本当にすごいと思います
ここがやはり評価が高い理由なのでしょうね


英雄編
全ての解決に向けてですね
これは特に書くこともありません
主人公がひたすらに熱いですねw
ただそれが合わないとすごくひどいゲームに感じてしまうのかもw


予想以上に熱くかなり面白かったです
学園でのギャグパートも十分満足のいくものでした

委員長の不幸っぷりはかなり好みですw


あとタイトルがいいですね

最初は全然タイトルの意味なんてわからなかったというか
ただ「魔女」という意味だと思っていたんですけども・・・


ただの萌ゲーにあきたという人にはぜひお勧めしたいこの作品

魔女っ子好きな人はぜひやってみては?w



プリンセスうぃっちぃず OHP

ぱじゃまソフト
パティシエなにゃんこ ぱじゃまソフト
2011年08月11日 (木) | 編集 |
パティシエなにゃんこ ぱじゃまソフト

通称「パティにゃん」のこのゲーム
ケーキ屋さんを舞台にした物語です



パティシエなにゃんこ Standard Editionパティシエなにゃんこ Standard Edition
(2010/10/29)
Windows

商品詳細を見る



内容は
地元から離れていた主人公のところに父親が倒れたという連絡が入る
実家はケーキ屋をやっていたのだがこのままでは店が開けない

そのため主人公は実家に戻り父親の代わりを務めようとするのだが
小さな勘違いから「ねこ魔法使い」を名乗る女の子からネコにされてしまう

主人公は無事店をやっていけるのか・・・
小さな町のケーキ屋さんを舞台にした物語


内容:C
音楽:C+
絵 :C

プレイ時間
1周目:2時間30分(共通BAD) コンプ:13時間30分


内容に関してですが
どうもこの手の話は良作が多いだけに比較して見てしまいます
そうなると物足りなさがすごくあるのでどうも厳しい評価になってしまいます

音楽はそれといって
ただどうも物足りないです

絵もあまりきれいとはいえず
よくわからない絵とかもあるので評価は低いです

プレイ時間に関しては
共通BADというか誰も攻略しなかった場合の時間ですね
その場合もCGが出るのでその時間です

コンプに関しては1周の時間とキャラの数を考えるとそれなりにかかっていますね


お勧め攻略順は
共通BAD→冬華→亜里咲→かなで→ミオ→みちる
ですかね

実際誰からでもいい気はします
ただみちるは最後がいいですかね

共通BADをやったあとは外野の2人
冬華と亜里咲では亜里咲を設定上あとにやった方がいいですね

あとはあまり物語にかかわりのないかなでをやって

そしてあまったミオという順にくみたてました


個別の感想は以下

共通BAD
という名の妹ルートw
妹は攻略させてくれないのがすごいですね
お風呂シーンで主人公は興奮するというのに
まさに生殺しですw

それといって内容はないので書くこともありませんw


冬華
犯罪です
普通に裁判を起こせば勝てます
ネガキャンはもっとまともな思考を持ってやりましょうよ

とりあえずありきたりな展開
あまりにどうでもよすぎて王道というより
なんというかなめくさってる気がしました


亜里咲
さすがにこれは読めなかったです
なにが読めなかったかというと「読唇術」w
なるほどこれならってそんなわけあるかいw

シナリオ展開については書きたいこともないですw


かなで
この話はぱじゃまソフトの「ぷりっち」でも出てきますw

うまいこと言ったつもりなのかもしれませんが
自分にはかなりどうでもいい展開でした
ケーキ勝負もそこまで盛り上がることもないので・・・
なんとも物足りないです


ミオ
メインキャラということで多少優遇されてますよねw
ただこのわがままキャラが自分のストライクゾーンからかなり離れてて
話すたびにイラッとさせられます
謝罪くらいできるようになれよクソ猫が( ゚д゚)、ペッ
そんな気分でしたw


みちる
もっと掘り下げてほしかったこの上ないのがこのルートです
ただこのルートが1番まともだとは思います

主人公との過去
主人公の家庭の話
わりとおもしろそうな題材のわりに期待をかけて肩すかし感が
残念です


あと最後に一言
主人公が猫になる意味って全くないですよね


ただまぁこの雰囲気のゲームは
ぱれっとの\(>ヮ<)/きゃっほぉ♪や
歴代エロゲでも上位に食い込む戯画の丸ねこ「パルフェ」などがあるので

昔のゲームということですしそこまでやる必要はないのではないかなぁと思います

ただ先ほど書いたように
ぷりっちでこのゲームの話がちらっと出てきます

細かいネタまで拾いたいという方はやってみてもいいのかもしれませんw


パティシエなにゃんこ OHP

ぱじゃまソフト OHP
パンドラの夢 ぱじゃまソフト
2011年08月06日 (土) | 編集 |
パンドラの夢 ぱじゃまソフト

ループ物は名作が多いとされていますがこの作品もループ物です
学園が舞台となっています



パンドラの夢 初回版パンドラの夢 初回版
()
ぱじゃまソフト

商品詳細を見る



内容は
夏休み終了直前、美術部の合宿にやってきた主人公
そして偶然にも地下で介護ロボットを発見する

それと同じくして不思議な夢を見る
夢で見た出来事が実際に起きるのである

なぜ夢で起きたことが実際に起きるのか・・・

学校を舞台にしたループ物語


内容:B-
音楽:B
絵 :B+

プレイ時間
1周目:3時間40分 コンプ:9時間15分


内容はそれなりに面白いんですけども
なんとも不完全燃焼感があります
おもしろい展開なだけにもったいないです

音楽はPHの使い回しみたいなのがあったりしますw
という伝統のBGMなんですかね?w

絵はわりときれいですなのでわりと好印象でした

プレイ時間は1ルートごとは短いんですけども
ただ繰り返すというだけあってなかなか物語の進まない感じがつらいかもしれません
なのでやっぱり実際の時間より長く感じるかもしれません


お勧め攻略順というか
ルートが固定されているので問題なく進みます
順番は
楽園→希望→二人→永遠


個別の感想は以下

楽園
蘭のルートですね
このルートが1番面白いと思います
というより人が多いので会話の絡みがあるからですかね

あとこういうふざけているけども真面目ができるキャラは大好きですw
ただやっぱりこのルートが終わった後に蘭との絡みが一切ないのが残念です

見舞いに行ったんでしょうかね
そういう補完がほしかったです


希望
実紀先輩ですね
珍しく嫌いではない眼鏡キャラでした
ただ内容としてはいまいち物足りなさが
あまりたいした関係でもないですよねw


二人
これは個人的になしです
いきなりここでそういう設定で来るのかぁと
まぁそもそもこの話自体が非現実的な物語なのでそれはいいのかもしれませんが・・・


永遠
荒廃的でいいですね
全てはこのための物語ですよね
ラストまでもってくまでが若干長いような気もしましたがそこはまぁ

なかなか寂しいものがありますね

個人的には後日談というか
エピローグ的なところでもう少し補完してほしかったりもしました
特に蘭ルートのラストが

ただシンプルな終わり方という面で見れば
そこまで不満があるというわけではないんですよね


余計な部分というか助長な部分はあるんですけども
設定自体に無駄はなくそれなりにきちんとまとめられていたのでそれなりに良かったと思います


あまり知られていないであろうループ物ですが興味がある人はやってみては?



パンドラの夢 OHP

ぱじゃまソフト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。