週に2回のんびりと更新していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくのたいせつなもの TerraLunar
2011年03月03日 (木) | 編集 |
ぼくのたいせつなもの TerraLunar


約2時間で終わる選択肢なしのサウンドノベルです
DLサイトにてDLできます

あとはらくえん、月面基地前のプレミアムBOXの方でできます



内容は
体に病気を抱える主人公
特に目立つこともなく平凡な毎日を過ごしていた

そんなある日父親に呼び出される
そこには主人公がひそかに思いを寄せていたクラスのアイドルの姿が

彼女はつくられた生物「ケミカル」であり
主人公の臓器移植のために育てられたのだと・・・


人間とはなにかと問いかけるような物語



内容:A-
音楽:B+
絵  :B+


自分はだいたい1時間30分で終わるくらいの長さでした
ですがそれでもぎっしりと詰まった内容

詳しいことは後述


音楽はすごくきれいでした
泣かせてきます


絵はすごくきれいでかわいいと思います
ただおまけ?というだけあって少ないのはまぁ仕方がないところですが


というわけで感想です

父親がいい味を出しています
(いきなりおっさんの話を出してしまったw)


さておき主人公は体が弱いです
そして好きな人の命を奪えば自分は生きられる
その好きな人は世間では人として扱われない作られた生物

だけどそんなことはさせないということで主人公は日々を過ごしていきます


ラストはどうなるか予想ができませんでした
1、主人公がヒロインを守って主人公は死亡
2、ヒロインが主人公を救ってヒロインは死亡
3、主人公もヒロインも主人公も死亡
4、主人公もヒロインも生き残る

この4択なわけですが
1,2,3全て泣かせるような展開になるのは目に見えてますよね
また4だとしても話の展開によっては十分に泣ける内容です

つまりは泣いたということですw


ラストのCGは特に泣けます


また途中での学校シーンはすごく心にきました
「皆さん、私は今日で転校する事になりました」



短いですが心に来る内容です
ぼくのたいせつなもの

DL販売がありますのでぜひやってみてください
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。