週に2回のんびりと更新していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神咒神威神楽 light
2012年12月23日 (日) | 編集 |
神咒神威神楽 light

怒りの日の続編です
むしろやってないと一切分からないというのがちょっと困ります
ただ雰囲気はいい和物です



神咒神威神楽 初回版神咒神威神楽 初回版
(2011/09/30)
Windows

商品詳細を見る



内容は
北の大地から妖怪がいてそのせいで世界がやばい
だから北に遠征して魔物を討伐するよ

英雄集まってね☆

って話で始まります


プレイ時間
1周目:12時間30分 コンプ:19時間


内容の書き方からしてやる気の無さがわかりますね

正直ひどいと思いました


怒りの日をやってなきゃ分からない
怒りの日をやっていたら前作が良すぎて不満しかない

そんな内容でした


絵はユウスケさんが最高で文句のつけどころがないんですが・・・



お勧め攻略順は
刑士郎→宗次郎→夜行→覇吐

でいいと思います


ただこれ以外でもいいんですが

ただ覇吐は絶対最後です


特に感想書くこともありません


このゲームは序盤だけが面白いです
すごく面白いです
期待させてくれます


まぁ絵がきれいで
そこまで面白くないというわけではないので
興味がある人はやってみてもいいかもしれません


神咒神威神楽 OHP

light OHP
スポンサーサイト
黄昏のシンセミア あっぷりけ
2012年09月24日 (月) | 編集 |
黄昏のシンセミア あっぷりけ

発売年の萌えゲーアワード大賞の作品ですね
かなりの賞を独占していたすごい作品です



黄昏のシンセミア 通常版黄昏のシンセミア 通常版
(2010/08/26)
Windows

商品詳細を見る



内容は
かつて住んでいた田舎に帰ってきた主人公
そこには昔と全然変わらない景色が残っていた

そして夏いっぱいそこで過ごすことになるのだが
周りでは不思議なことが起こり始め・・・

田舎を舞台とした伝奇物語


内容:B-
音楽:B
絵 :B+

プレイ時間
1周目:6時間30分 コンプ:27時間40分


内容は伝奇物として物足りないという次元じゃなかったです
ハッピーエンドになると見え見えの展開でなんともいえない気分でした

そして長いです、サブキャラの攻略がとても面倒ですね


音楽は普通
自分はOPがそんなにいいとは思えなかったんですが評判はいいですよね


絵はオダワラさんなのですごく良いと思います


お勧め攻略順は
銀子→いろは→朱音→翔子→沙智子→美里→さくや→シンセミア

といっても
サブキャラからやってもいい気はします

メインだけの順を考えるなら
銀子→いろは→翔子→さくやです


銀子はキャラの性質上最初がいいですね
さくやは絶対最後
翔子もさくやの前がいいのでこの順です


個別の感想は以下

銀子
引っ張ったわりにあっさり終わりますよね
ただこのルートは物語背景の説明みたいなのでこれでいいのかなという気はします


いろは
あまりおもしろくないルートです
メインの中で1番面白くない気がします


翔子
ありかなしかでいったらなしと言いたくなるルートですw
END2はわりと好きだったりもしますけどね

さくや
これが序章ですね、ここからシンセミアと続いていきます

シンセミア
ただこんなに引っ張ってこのオチはないだろという気がすごくします


個人的に期待していただけにがっかりしました
ただ人気がある作品なのでおもしろいのかもしれません


黄昏のシンセミア OHP

あっぷりけ OHP
ユメミルクスリ ruf
2010年01月11日 (月) | 編集 |
ユメミルクスリ ruf

rufで有名な作品といえばこれなのではないでしょうか?

田中ロミオ企画ということでかなりの人が面白いと言える作品でしょう


ユメミルクスリ 廉価版
ユメミルクスリ 廉価版
クチコミを見る


内容は
日々けだるく生活している主人公
ただただ日常を過ごしていくだけなのだが・・・

ぶっちゃけ内容は要約出来ません
それぞれルートによって違います

物語が動き出すのは女の子と出会ってからです


内容★★★★★
音楽★★★★☆
絵  ★★★★☆


内容はかなり素晴らしいと思いました
現在の若い人が抱えるような問題を見事に描いています

高校生にやってほしいエロゲです(おい


音楽は普通といえば普通ですが
「ユメミルキカク」があるからこの評価でw


絵はコミカルな感じもあるし
逆に人間の汚らしさを描いたようなところもあるし

かなり好評価です


お勧め攻略順は
あえか→弥津紀→ねこ子


個人的に1番好きなシナリオはあえか
ラストには泣きました

あのシナリオには強さを感じましたね

あと家族愛も

ついでにラストの親父の「モノマネ」が最高すぎますw

妹の可愛さに萌え死にしそうですw

でも鬱なので気を付けてくださいw



会長ルートは
現代人にありがちな悩みですね

ありがちといったら変かもしれませんが会長の気持ちがわかるという人は多いのでは?

そういった面では現実にとても近い物語となっています

個人的に1番つらくなって進まなかったのはこのルートですw



ねこ子はラストがとてもよかったです

まとまり方がきれいで
そのきれいさがあるからこそこのルートを〆でやってほしいですね

最後はさわやかに泣かせてもらいました



攻略キャラが少ないのでそれなりにテンポよく進みますし
気軽にできるのではないでしょうか

値段はともかくシナリオにおいては初心者にお勧めしたい作品ですね


「ダウナー系青春恋愛AVG」ということで
ダウナーな気分になりたい人はやってみてはどうでしょうか?w



ユメミルクスリ (初回版)
ユメミルクスリ (初回版)
クチコミを見る


ユメミルクスリ OHP


ruf OHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。