週に2回のんびりと更新していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暗い部屋 暗い部屋制作委員会
2011年11月14日 (月) | 編集 |
暗い部屋 暗い部屋制作委員会

瀬戸口さんの唐辺名義の作品です
タイトル通り暗い作品です



暗い部屋暗い部屋
()
Array

商品詳細を見る



内容は
主人公の母親が死んだ
父親はいないことから叔母の家に引き取られることになるのだが・・・


内容:B

プレイ時間:2時間30分

内容に関しては
唐辺さんらしい作品ですね

瀬戸口さんというよりは唐辺さん


音楽とか絵はほとんど何もありません

というかこの作品は
本来書籍で出すはずだったのが出版できなかったとかいう話だったような?

だからこういう形で発売したとかいう噂を聞いた気がします


プレイ時間はわりと早いと思います
目安としては3時間くらいですかね


感想としては
ゴールが見えない暗い状態で話が進んでいきます
そこが良かったといった感じでしょうか

内容としてはそこまで驚くことはないんですけども
心情描写がやはり素晴らしいです

こういう作品を書いていて暗い気分にならないんでしょうか?w


サウンドノベルの形式で出されたこの作品
わりと値段も気軽に手に入る範囲だと思うので
暗い話が読みたいという方はやってみるといいのではないでしょうか?



暗い部屋 OHP
スポンサーサイト
CARNIVAL S.M.L
2010年03月15日 (月) | 編集 |
CARNIVAL S.M.L

こちら瀬戸口さんの代表作といっても過言ではないでしょう
今は無きS.M.L.の作品でです

そしてOP詐欺ということでも有名ですねw


CARNIVAL
CARNIVAL
クチコミを見る


こちらの作品
上の商品をクリックしてくれればわかるかと思いますが
中古2万円というレベルの作品です

ただDL販売が約3kであるのでそちらでDLするのはどうでしょうか?


DL販売


内容は
普通の学校生活を送ろうとしている主人公
そんな主人公の前に1つの死体が・・・

そして容疑者として逮捕された主人公だったがそのパトカーが交通事故に
そして主人公の逃亡生活が始まるのだった

いったい殺人を犯したのは誰なのか・・・


内容★★★★★
音楽★★★★☆
絵  ★★★★☆


内容は素晴らしかったです
久々に鬱な気分にさせられた作品です
普段から鬱ゲーばかりやっているのでそれなりに耐性はあるつもりだったんですが・・・


音楽はmilktubさんということでかなり好評価です
ただあまり印象に残らなかったような・・・


絵は川原誠さんです
なかなかに生々しい絵です
ちょっぴり好みではなかったんですけどね


お勧め攻略順というか
この作品は基本的に1本道ですね
全3章仕立てとなっています


感想というかまず言いたいことは

OP詐欺すぎるwwwwww
いやほんとクリアしてからOP見直してみるととんでもないなこれは

内容がかけ離れすぎていて笑えます


さてシナリオについてですが
先ほど書いたとおりに久々に鬱々とした気分にさせられました

SCENARIO 1

BADエンドがたくさんあるわけですが
そのBADエンド、どれも深いです
主人公の苦悩というか周りの苦悩というか、
そういうものが伝わってくるような気がします

特に「理沙を撃つエンド」これは読みごたえがありました


あと泉エンド
これはこれですごい好きな雰囲気でした
結局何も解決してないんだけどもそれでも何かしている
なんていえばいいのかは分からないんですけどもTRUEより好きなエンドではあります



SCENARIO 2

このシナリオはそれほど好きでもありませんでした
ただ絶対必要なシナリオですね
これがあるからこそ他のシナリオが活きてくるわけですし

そしてこれのBADもよかったです

こういう選択肢もあるのだろうなぁと


SCENARIO 3
そして1番精神をやられたこのシナリオです
ぶっちゃけ何かが起きるシナリオではないのですけども
ただ感情の部分が本当に読み進めててつらくってつらくって・・・

orz


そんな感じですw


瀬戸口さんシナリオのカーニバル
鬱ゲーをやりたいという人には絶対お勧め

そんなに長いシナリオでもないのでサクッと読み進めれます

ぜひやってみてください
SWAN SONG Le.Chocolat
2010年03月12日 (金) | 編集 |
SWAN SONG Le.Chocolat


瀬戸口さんシナリオということでなかなかな鬱ゲーとなっております
通称「スワソ」ですね


SWAN SONG 廉価版
SWAN SONG 廉価版
クチコミを見る



内容は
クリスマスイブに大震災が起きた
その地震の結果街が崩壊してしまった

生き残った6人はその悲惨な街で厳しい冬を乗り越えようとするのだった・・・

必死に生きようとする人間を描いた物語です



内容★★★★★
音楽★★★★★
絵  ★★★★★


というわけで自分の中でかなりの高評価となっています

正確に数値で書くと満点というわけではないのですが
大まかに表した場合満点でいいのかなぁと思いました


内容は
この暗澹とした雰囲気が好きだという人にはまず間違いなく気に入るシナリオでしょう

細かいことは後述


音楽は
この切ない雰囲気にあったBGM
迫力のあるシーンにあったBGM

本当に素晴らしかったと思います


絵は
好みだけでいえば★4つなんですけども
カットインがかっこいいというのと
いい意味で人の「汚さ」みたいなのが書かれてる感じがしました
そこがすごかったです



お勧め攻略順というかは普通に1本道なので気にする必要はありません
ノーマルエンドを見たらTRUEに行きましょう


感想は以下

普通に全キャラが魅力的ですよね

司はさり気に冷静沈着に見せてところどころ熱いシーンがあり
そして自分の意思を持って行動するところがかっこよかったです

ノーマルの「腕をとられてもそれでも強く生きた」ところなんて特にすごかったと思います
そしてEDのシーンでも「石像を立てて空を見上げるシーン」ではウルっときました


タノムラはこのゲームにおいて1番かっこいい人間だと思っていますw
ふざけているように見せかけておいて1番周りのことを考えている人間だと思います

心からきみが好きだ。一緒にここを出よう
このゲームで1番心に来た言葉です

追い出されることになっても」それでもその一言を伝えた
そこがもう・・・


雲雀
最も真面目なキャラだと思います


柚香
なかなかに深いキャラですよね
ただの役ただず空気キャラかと思ったらそんなことありませんでしたw
ノーマルエンドはこのキャラがいるからこそ素晴らしい内容になっていたんだと思います


クワガタ
おもしろいキャラです
このキャラが人間というものを最も表していたのではないでしょうか
彼の行動は決して間違ってはいないと思います
それが彼の正義であるわけですから


あろえ
味がありますよね
このキャラは本当に純粋でだからこそ強くもあったのかなぁなんて
タイトル「SWAN SONG」、これを最も表していると思います



というわけで各キャラについて書かせていただきました

ストーリーはそれぞれの視点で展開していくので
全員が主人公だと思っています


それぞれの感情を察しながら読んでほしい文章ですね


鬱ゲーとよく言われていますが個人的にはそれほど鬱ではありませんでした

こういう人間らしい感情がきちんと書かれている作品はすごく好きです


ただ表面上の災害が起きて・・・という内容を読むだけではなく
各キャラの心情の変化などを考えながら読んだらより面白いかと


冬の厳しい季節を描いたこの作品

廉価版も出ていますので瀬戸口さんの作品でも手に入れやすいのではないでしょうか?


キャラゲーにあきて鬱になりたい人はやってみてはどうでしょうか?w




SWAN SONG OHP


Le.Chocolat OHP
瀬戸口廉也 シナリオライター
2009年05月06日 (水) | 編集 |
自分のブログに最近来るようになったキーワード

それが何かというと

「瀬戸口廉也」さんです



なぜだろう?


キラ☆キラの話題しか出していないのに


ということで
今回は瀬戸口さんについて以下書いていこうかと思います




瀬戸口廉也さんは
1978年2月3日誕生日
アダルトゲームを主に手掛けるフリーのシナリオライターだったそうです

もともとは普通の会社員で若い時に友人に誘われてこの業界に入ったそうです


よく言われている愛称は
「瀬戸なんとかさん」
由来を調べてみたんですけどそれは見つけれませんでした

ちょっと残念


他にも調べた結果
「人間の屑」という愛称があるみたいなのですが
あまりヒットしなかったのでそれほど使われているものではないのかと



デビュー作は皆さん知っての通り

「CARNIVAL」
CARNIVAL
CARNIVAL
クチコミを見る


内容は
殺人容疑をかけられた主人公
そうなった原因と思われる人物に復讐を・・・

て感じ


「OP詐欺」としても有名ですね(いい意味で)
そういわれる理由はOPと瀬戸口さんの書いたシナリオとが
イメージ的にあまりにかけ離れていたからかと


OPがこれですね





2作目は「スワソ」という略称で有名な
「SWAN SONG」
SWAN SONG 廉価版
SWAN SONG 廉価版
クチコミを見る


内容は
突然の大震災により閉じ込められた若者6人
冬を乗り切ろうと協力する彼らだがやがて歯車が狂いだし・・・


人々の心理や行動を事細かに描写していて
この作品こそ瀬戸口さんの最高傑作という方も多いのではないでしょうか?
至高の鬱ゲーの一つですねw




そしてメインでシナリオを描いた最後の作品
「キラ☆キラ」
キラ☆キラ
キラ☆キラ
クチコミを見る


内容は
廃部が決定した部活の記念にバンドを組むことになった主人公たち
そのバンドが話題となり全国に飛び出していくのだった・・・


もちろん鬱シナリオもあります
ですがそれ以上に青春時代の溌溂とした心理描写を魅せてくれるあたりはさすがといってところです



一応脚本原案といった形で関わりがあるので最後の作品ともされる
「キラ☆キラ カーテンコール」
キラ☆キラ カーテンコール
キラ☆キラ カーテンコール
クチコミを見る


内容は
伝説の第二文芸学部を追ってバンド活動をしていこうとするダメ部員たち
彼らは一体どうなっていくのだろうか・・・


この作品はシナリオ自体には瀬戸口さんは関わっていませんのでご注意を

自分は怖くてやっていませんので詳しいことはご容赦をwww



さて
先ほどの作品を紹介している時点で「最後の」という言葉を使っていましたが

瀬戸口さんはすでに引退してしまっているシナリオライターさんです


「キラ☆キラ」を2007/11/22発売後

2008/2/6に自身のブログ(現在は封鎖)において引退を発表をしたそうです


引退の理由としてはエロゲ業界に飽きた
というか他のシナリオを書いていきたいというのが濃厚らしいです
(エロゲだと恋愛などの男女間のことがほぼ必要となってくるため他のことを書きたいということ)


まぁ自分がエロゲにはまり始めた時にはすでに引退してしまっているので
詳しいことはわかりませんがね



そしてそれから原案という形で「カーテンコール」が発売されたというわけです


引退してからのことはいまいちわからなかったですね


別のペンネームで活動しているとかいう噂もちらほら
真実は明らかになっていませんが



さて

ここまで簡単に
瀬戸口さんの作品、歴史?みたいなのをさらってみました


突然S.M.Lと共に現れて
たった3作ですが素晴らしい作品を書いてくれました


たとえこの業界でなくても
さらなる瀬戸口さんの活躍が見たいものですね




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。