週に2回のんびりと更新していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bullet Butlers propeller
2011年09月22日 (木) | 編集 |
Bullet Butlers propeller

東コンビの燃焼系2作目です
今回はファンタジーの世界で燃える展開です



Bullet Butlers 初回限定版Bullet Butlers 初回限定版
(2007/07/27)
Windows

商品詳細を見る




内容は
かつて8人の英雄がこの世界を救った
その英雄たる印をもつものが「英雄の末裔」として現在も崇められている

そんな世界で主人公は「英雄の末裔」の候補である人物の執事として働いている

そんなある日、「英雄の末裔」の1人が暗殺される
そしてその英雄の証を引き継いだのは主人公の主人なのだが・・・

主人のために命をかける執事の物語


って書いてて
これ燃えるのか?w
とか思ってしまいました

あらすじの説明がいまいち難しいです



内容:B+
音楽:B
絵 :B+

プレイ時間
1周目:10時間30分 コンプ:21時間


内容に関してですが
個人的に燃焼系3本パックの中で1番好きな作品です
ファンタジー部分がうまくかみ合って燃える展開となっていた気がします

ただ音楽はいまいち印象にありませんw

絵はおっさんの絵がいいですねw
ガラとかレイスとか
ただやはりもっとバトルシーンの絵の種類を増やしてほしい気がしました


1周のプレイ時間はわりと長いながら
ルート自体が少ないからちょうどいいんじゃないかなぁって気がします
各キャラごとにきちんと話を作ってる印象です


お勧め攻略順は
ヴァレリア→ガラ→雪→セルマ
でしょうか

とりあえず
え?ガラ???w
って思いますけどガラENDが1番好きですw

詳しいことは後述として

ヴァレリアが導入として1番わかりやすく最初に
セルマががもちろん最後です

ガラと雪は最後の選択肢の分岐なのであまり気にする必要はないかと
個人的にガラを先にみた方がいいかなぁ程度なので

つまりは
ヴァレリア→雪→セルマ
ってことですね


ということで個別の感想は以下

ヴァレリア
1番わかりやすくてシンプルでよかったと思います

まぁそれといって予想外の展開とか何かがあるわけじゃないんですがw

ただこういうEDは好きです
1人残されてエピローグでみんなが迎えに来る
みたいなのですね

まぁ人によってはこれはハッピーエンドじゃないって思う人もいる気がしますが
自分は許します



1番レイスが輝いてました
かっこよすぎますw

橋の上の戦闘も燃えますね
こういうそれぞれ「1対1」で戦うみたいなのは大好きです

レイスの切なさが1番伝わってくるルートですが
それを上回るかっこよさなのがやはりガラですw

ガラEDは思わず泣いてしまいました
血がつながってなくてもなお娘を守ろうとする父親の姿がシブいです

雪の方はまぁ普通ですねw


セルマ
面白くはあったんですがいろいろと設定を回収し切れてなかった感がありますw
まぁTRUEなので決着はつくんですけどね

アルの心情は面白くはあったんですけどね
ただ話として盛り上がるかっていったら微妙な気がしましたw

いやいや十分面白いには面白かったんですけどね



戦う執事、Bullet Butlers
熱いファンタジーが好きな方はぜひやってみては?


Bullet Butlers OHP

propeller OHP
スポンサーサイト
てこいれぷりんせす! ~僕が見えない君のため~ propeller
2011年09月15日 (木) | 編集 |
てこいれぷりんせす! ~僕が見えない君のため~ propeller

燃えゲーとして名高いプロペラの第1作目
その1作目はなんと燃えではなくお姫様ゲーでしたw



てこいれぷりんせす! 廉価版てこいれぷりんせす! 廉価版
(2007/03/30)
Windows

商品詳細を見る



内容は
ある日、日常を過ごしているとみたことのない世界に飛んでしまった
そこではなんと神様の嫁となるお姫様を決める儀式の最中で
しかもそこでは自分の姿が見えていない

主人公にいったい何が起きているのか
そして儀式の行方はどうなってしまうのか


内容:C
音楽:C
絵 :C

プレイ時間
1周目:2時間30分 コンプ:8時間30分(スキップ使用)

内容についてですが
はっきりいって何がしたい作品なのかわかりませんでした
ギャグが面白いらしいのですが自分は全く受け付けませんでした

音楽についても残念な感じです、まぁ昔の作品ですし仕方ないところでしょうか
絵も同様ですね

プレイ時間に関しては1周目はわりときちんとやりました
ただ周回プレイがあまりにだるいです
なのでスキップしました


お勧め攻略順は
メルヴェール→アルトワネット→フランシェスカ→エヴァンジェリン→ソーニャ→TRUE
ですかねぇ

まぁ一応メルがメイン、そこからメルに関わりがあるアルトワネット
サブキャラのようなソーニャをラスト、ソーニャの分岐のエヴァを先にやる
残ったフランシェスカを間に入れた感じでしょうか

まぁこれがベストな進め方だと思います


個別について特に書きたいことはないので省略しますが
はっきりいって何がしたいシナリオなのかわかりませんでした

パロネタが多くて面白いという評価が多かったのでやったのですが
パロネタが面白い≠ゲームが面白いだと思います

シナリオの大筋が面白くないです

もちろん一切ニヤッと来なかったかと聞かれたらそんなことはないですが
だからってこの作品を評価するってことはありません

あまり個人的にお勧めはしませんが
ギャグとかが好きな人はやってもいいのかもしれません



てこいれぷりんせす! OHP 

propeller OHP
残暑お見舞い申し上げます。 ~君と過ごしたあの日と今と~ めろめろキュート
2011年08月22日 (月) | 編集 |
残暑お見舞い申し上げます。 ~君と過ごしたあの日と今と~ めろめろキュート

藤崎さんがシナリオを書かれていますこの作品
ただそのギャップというか統一性のなさが出すぎてて若干疑問がわいてしまう作品でした



残暑お見舞い申し上げます。 ~君と過ごしたあの日と今と~残暑お見舞い申し上げます。 ~君と過ごしたあの日と今と~
(2008/02/29)
めろめろキュ~ト

商品詳細を見る



内容は
ダムによって沈んでしまう田舎に住む主人公
最後の夏休みに思い出として映画を撮ることを決める

主人公の最後の夏はどうなるのか
そして将来はどうなってしまうのか・・・


内容:C-(あるルートを除く)
音楽:C
絵 :C+

プレイ時間
1周目:2時間30分(スキップ使用) コンプ:9時間30分(スキップ使用)


内容はひどいとしかいいようがありません
まぁ詳しいことは後述しますが不満しかありません

音楽、絵も共に物足りなさを感じます
絵はかわいいといえばかわいいですが統一性のなさが出てます

プレイ時間ですが途中までは読んでました
ただ読むに堪えないのでスキップを多用

つらい作品でした


お勧め攻略順は
(菘奈→柊子→梗子→アリサ→華菜→)壬生

この(かっこ)部分はやる意味がないルートです
というか壬生ルート以外はホントやらなくていいと思います

もしどうしてもやるならアリサからですかね・・・

このゲームは2部構成になっていて
少年時代と社会人時代とそれぞれシナリオがあるんですが
そもそもこの構成の意味がありません

少年時代が全く関わってないキャラがかなり多くてもうなにがしたかったのか



菘奈
キオクニナイデス

柊子
大人時代の諸動物がウザくて仕方がないです

梗子
いやもうこいつうざすぎです

アリサ
キャラとしては良いんですけどもシナリオがダメダメです
キャラが好きならやってみてもいいかもしれません

華菜
まぁ神様ということで十分ありきたりな展開ですね

壬生
最もまともだったというかこのキャラしかやる意味がないゲームです
藤崎さんはこういう病気のシナリオを書くのはすごくうまいですよね
ちょっぴり泣いてしまいました


そういえば書き忘れてましたが
ライターが2人ということで
後半2人が藤崎さんです

ただこのライターの書いた設定が違いすぎてどう仕様もありません
このブランドはきっとシナリオ監修というかをしてないんでしょうね

もう少しまともな作品にしてほしいの一言に尽きます


間違いなくお勧めはしません
もしやるのであれば藤崎さんのシナリオが好きという方だけでいいと思います


残暑お見舞い申し上げます。 OHP


めろめろキュート OHP
海道 D.O.
2011年04月07日 (木) | 編集 |
海道 D.O.

北側寒囲さん監修で佐野晋一郎さんシナリオのこの作品

少なくとも自分にはついていけませんでしたw


海道海道
(2004/04/23)
Windows

商品詳細を見る



内容は
田舎の島に住む主人公
そんな島に従妹の子が住むことになった

しかし、久しぶりに会った従姉はすっかり雰囲気が変わってしまっていた
いったい彼女に何があったのか

小さな島を舞台にした田舎の物語


内容:C-
音楽:C+
絵 :C


とりあえずやっていてつらかったです

平和通りこしてなにもなかったです

それがすごくきつくってきつくって・・・


音楽に関しては特になく

絵は惹かれるところもなかったです


お勧め攻略順は
葵→純→奈美→真希→しのぶ

というか順番は特に重要ではありませんでした


内容に関しても個別ごとにそこまで大きな違いがないと思いました

最終的にお祭りに集約されていく感じですね


なのでメインというかの葵をやれば充分な作品なのではないでしょうか?

田舎ゲーが好きだという方はやってみてもいいのかもしれませんが
自分みたいなシリアスな話が好きな人には絶対お勧めはしません


田舎ゲーが大好きだという方はやってみてもいいのではないでしょうか?
白光のヴァルーシア What a Beautiful Hopes Liar Soft
2010年05月14日 (金) | 編集 |
白光のヴァルーシア What a Beautiful Hopes Liar Soft

スチームパンクシリーズ最新作(この記事を書いている時にはw)ですね
今回は時間軸としてはセレナリアの次に当たるようです


白光のヴァルーシア ~What a beautiful hopes~
白光のヴァルーシア ~What a beautiful hopes~
クチコミを見る


内容は
かつて封鎖された都市であったヴァルーシア
その都市が開け放たれたと同時にこの街には新たな恐怖が表れ始めた

かつて英雄とされた両親を持つ主人公

ある事からその街の姫と知り合うことになり・・・


・・・ゴメンナサイ要約出来ませんorz


内容:B-
音楽:B+
絵  :A


内容はいつも通り難解です
その上セレナリアをやってない人には一切理解できない気がします
(セレナリアのキャラも出てくるので)

あくまでこれが最低条件で
話を理解するためにはシャルノスが必要になってきますし
インガノックの話も出てきます

ゲームとして全シリーズやっていないといけないというのは
さすがに厳しいのではないのでしょうか?


雰囲気はいつも通り素晴らしいのですが・・・



音楽は素晴らしいです
ただ好みではなかったという点でこの評価w


絵はライアーらしいというか
立ち絵がすごく好みですね



お勧め攻略順というかはありません
一応一本道なので

むしろこのゲームの選択肢必要だったの?w


さて感想ですが
上に書いたとおりにあまりに難解で理解不能でした

さらにマルチ視点ということで
それぞれのキャラが浅くなりすぎているような気がしました


せっかくいいキャラが多いのに
あまりに役立たずに終わるっていうのが多かった気がします


レオの存在がいまいち理解不能でしたし
リザが魅力的なのに役に立ってませんし
アルディーンは空気王ですし
アナとカシムの話もいまいち関わってないと思いますし
ナナイの待ち人の意味も感じませんし
ヤザタの活かされなさもひどいと思いますし
ハ―ルートとルナも意味がないですし

何より主人公が何もしてないよねw

他にもいろいろいいたいことがあります

あの世界の過去があまり役立ってないだの

いまいちあかされてないことが多い気がします



なのでこの作品あまりお勧めはしません

ただこのシリーズ今後続いて行くということなので
一応やっておいた方がいいのかもしれませんね


スチームパンクの最新作ヴァルーシア

興味がある方はやってみてはどうでしょうか?


白光のヴァルーシアOHP

Liar Soft OHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。