週に2回のんびりと更新していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜柑 C’s ware
2011年04月16日 (土) | 編集 |
蜜柑 C’s ware


今はなきC’s wareの作品です
個人的には隠れた名作といっていい十分楽しめる内容でした


蜜柑蜜柑
(2001/11/23)
Windows

商品詳細を見る



内容は
作家である主人公
ある日主人公が見慣れない古本屋に入るとそこには過去に執筆することをやめた作品が・・・
店主にこの作品を完成させるようにいわれた主人公

そしてその作品の執筆を再開するのだが・・・

いくつもの物語をたどる不思議な物語


この作品の魅力は
物語の中で物語が綴られ
そして物語の中での現在との混ざり合いがわからなくなり
そしていくつもの物語が干渉し合う

そういった不思議な世界ですね


内容:A-
音楽:A
絵 :A


内容に関しては少し過大評価していますw
ただこの作品は個人的にお勧めしたいからこの評価
純粋に内容だけ見たらB~B+ですね
詳しい話は後述


音楽はすごく良かったです
この話の雰囲気にあっていて
とても魅力的な作品に仕上げていると思います

絵はすごくきれいです
そしてエロいですw
もっとこの原画家さんの作品があれば嬉しかったのですけどもないみたいですね


お勧め攻略順というかはありません
基本的に1本道です

ただ3つの物語が並行して進むのでそういうところは初心者には向かないゲームなのかなぁとは思います


個別の感想というか
各物語の感想について以下

メイン
若干かけ足だった気はします
特にTRUEのラスト

主人公の心情というか「過去のシーン」をもう少し丁寧に書いてほしかったかなぁと

そしてそれを思い出すところももう少し情緒を持って書いてくれれば世間の評価はもっと高かったのではと


病床にて
おもしろかったといえば面白かったです
ただラストがはっきりしないエンドは許せないですね
かといって助かってしまうのもなんともいい難いw
結論としてこのルートは自分が満足いく結末がなかったですw


怨毒の塊
これが1番面白かったです
というか2章かな?怖すぎて叫んでしまいましたw
結局どちらがどちらかわからなくなってくるそれがまた面白いです
展開は多少なり予想できるのですがただラストが衝撃的ですね
こういう狂った世界は面白いと思います


いつわりのおとこ
1番なんともいい難いシナリオですw
でも1番エロいと思いますw

内容としては若干適当かなぁと
世界がファンタジーだからってファンタジーで片づけてしまうのはなんとも


こう見ると全然おもしろそうに書いてませんねw
ただ面白かったのは確か

3つの物語と現在をだいたい同じタイミングでまとめているので
かけ足に感じてしまうのが非常にもったいない作品です

ただすごく読むにあたりのめりこんだ作品です


不思議な雰囲気に包まれたちょっとぶっ飛んだ展開の作品が許容できる方にはぜひお勧めw
こまけぇことはいいんだよw


雰囲気がとてもいい作品です

興味がある人はぜひやってみてください
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。