週に2回のんびりと更新していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくのたいせつなもの TerraLunar
2011年03月03日 (木) | 編集 |
ぼくのたいせつなもの TerraLunar


約2時間で終わる選択肢なしのサウンドノベルです
DLサイトにてDLできます

あとはらくえん、月面基地前のプレミアムBOXの方でできます



内容は
体に病気を抱える主人公
特に目立つこともなく平凡な毎日を過ごしていた

そんなある日父親に呼び出される
そこには主人公がひそかに思いを寄せていたクラスのアイドルの姿が

彼女はつくられた生物「ケミカル」であり
主人公の臓器移植のために育てられたのだと・・・


人間とはなにかと問いかけるような物語



内容:A-
音楽:B+
絵  :B+


自分はだいたい1時間30分で終わるくらいの長さでした
ですがそれでもぎっしりと詰まった内容

詳しいことは後述


音楽はすごくきれいでした
泣かせてきます


絵はすごくきれいでかわいいと思います
ただおまけ?というだけあって少ないのはまぁ仕方がないところですが


というわけで感想です

父親がいい味を出しています
(いきなりおっさんの話を出してしまったw)


さておき主人公は体が弱いです
そして好きな人の命を奪えば自分は生きられる
その好きな人は世間では人として扱われない作られた生物

だけどそんなことはさせないということで主人公は日々を過ごしていきます


ラストはどうなるか予想ができませんでした
1、主人公がヒロインを守って主人公は死亡
2、ヒロインが主人公を救ってヒロインは死亡
3、主人公もヒロインも主人公も死亡
4、主人公もヒロインも生き残る

この4択なわけですが
1,2,3全て泣かせるような展開になるのは目に見えてますよね
また4だとしても話の展開によっては十分に泣ける内容です

つまりは泣いたということですw


ラストのCGは特に泣けます


また途中での学校シーンはすごく心にきました
「皆さん、私は今日で転校する事になりました」



短いですが心に来る内容です
ぼくのたいせつなもの

DL販売がありますのでぜひやってみてください
スポンサーサイト
らくえん~あいかわらずなぼく。の場合~ TerraLunar
2011年02月21日 (月) | 編集 |
らくえん~あいかわらずなぼく。の場合~ TerraLunar


今はなきブランドの作品です
「堕落する準備はOK?」というセリフで有名な作品だと思います


内容は
大学浪人が決定した主人公
一大決心の末、夢の東京へ出てきたのだが・・・

なぜかエロゲを制作をすることに・・・

〆切りギリギリの主人公の弱小ブランド
無事作品を発売できるのか

そして主人公の大学受験の行方は?



内容:B+
音楽:B+
絵  :B+


内容はギャグ調でキャラの掛け合いがとてもテンポもよく面白かったです

そしてその軽いテンポながら大事なことがあふれ出ている
そんな会話がよかったです


個別の方は若干短いのですが
なかなかおもしろかったです


演出もなかなか光る部分がありました


音楽はギターをメインにした曲が多かったです


絵は好みはともかくCGの量がなかなかだなぁと思ったので



お勧め攻略順は
紗絵→可憐→みか→杏→亜季

これといって決まってはいないのですが
可憐のキャラ背景、可憐とみかの関係上
なんとなくこの順がいいのではないかなぁという印象です



個別の感想は以下


紗絵
眼鏡キャラはいらないんですよ
ダ眼鏡ビッチはなおさらですw

個人的に展開は特に文句はないんですけど
若干あさすぎるんじゃないかと・・・

いまいち主人公と紗絵が付き合った背景も
別れた背景も明かされずに終わって
ちょっと不完全燃焼感が否めないです


可憐
すごくいい先輩キャラです
ただメインルートじゃない時の方がかっこよくて好きなんですがねw

ただエロゲ制作において1番熱いキャラで
1番熱いシナリオなのではないかと

こういうふうに頑張って制作されてるのかと思うと
ユーザー側も全力で楽しみたいなぁとw

堕落する準備はOK?


みか
予想以上に可愛くってヤバかったですw
そして衝撃のラスト「タバコ吸うの!?!?!?!?」

ホント予想外でしたよw




こんなよき妹がほしいですね

主人公の弱い部分がよくあらわれてるルートでよかったと思います
ただがむしゃらに生きている主人公が唯一弱さを見せるルートなのではないでしょうか

そういうルートがあるからこそ他の明るいルートが引き立つなぁと
すごくいいバランスでした


亜季
個人的にこのルートをラストに持ってきたいと思います

それはやっぱりラストのせいですね

他のルートと違ってここから始まる感があって

このままじゃいけないそう思いながら
必死に走ろうとする妹がよかったです

軽いやり取りながらその苦痛、もがいている感じがよく出てて



ちなみに作中で「コミフェ」というものが開催されるのですが
どういうものかというと



1975年12月、東京のとある公共ビルの会議室で小さな催しが開かれた。
参加サークル数30余、動員人数約800。
ファンによる集会にすぎなかったこのイベントは回を追うごとに規模拡大の一途をたどり、いつか日本全国のヲタが集まるヲタク最大の祭典になる。
コミック、アニメ、ゲーム、ノベルなどの表現を主目的とし一種異様な有象無象が一堂に会す。
エロティック描写に特化しきった版権無視の2次著作同人誌、同人ソフトが売買される。
独自の解釈で表現されたいろんな意味で犯罪ないし、風俗営業スレスレのコスチュームプレイ撮影会がそこかしこで展開される。
世界的規模でみてももっともダメ人間たちによる、世界規模で見てももっとも愛されているイベント。
それがコミックフェスティバル。
通称コミフェ。
書きたい・伝えたい・(儲けたい)という送り手、欲しい・参加したい・(転売して儲けたい)受け手、
宣伝・告知したい・(グッズ売って儲けたい)企業、その他、正体不明な者たち。
すべて、なにかに導かれるように。
そして、コミックフェスティバル66。
参加サークル数36000、出展企業130社、総動員数予想のべ46万人、イベント開催費用約2億円。
国内最大規模の展示会場東館6ホール西館4ホールを使いきり、さまざまなジャンルにおける最深端の精鋭たちが集う。
男性向け創作・アニメ・ゲーム・同人ソフト・葉鍵・ギャルゲー・創作・少年・少女・JUNE・学漫・評論・情報・その他
開催期間中、もっとも男性向けに特化した日。
気温、実に44度。集まった人数、推定17万人。オタク含有率99.998%、一般人含有率0%。
行列・整列・待機、見渡す限りのオタクたちが、さしたる混乱もなく平然と行列を作り、狂騒の幕開けを待ち続けている。
静寂にも似た喧騒。整然にも似た混乱。
個々の自己管理によって限りなく平穏によそおわれた、欲望が、欲望が、欲望が、開催の瞬間を待ち焦がれている。
近くのコンビニの棚からはすてにおにぎり、サンドイッチ、ドリンク類はすべて消失していた。
今年も、一番暑い日が始まる。



といったものだそうですw


なんにせよエロゲ制作会社のエロゲ「らくえん
笑える作品です

興味がある人はぜひ
ロケットの夏 TerraLunar
2011年02月17日 (木) | 編集 |
ロケットの夏 TerraLunar


隠れた名作といわれるこの作品
今はなきTerraLunar、月面基地前の作品です


月面基地前プレミアムBOX ロケットの夏編月面基地前プレミアムBOX ロケットの夏編
(2005/09/22)
Windows XP

商品詳細を見る



内容は
かつて地球は宇宙との交流があった
しかし時代がすすむにつれその交流は途絶えてしまった

宇宙との関わりを持つこともなく普通の学生生活を過ごしていた主人公
そんなある日一人の転校生がやってきた
そしてその転校生はロケット部を作ろうとしていたのだった

宇宙との交流が途絶えている世の中
そんな中、ロケットを作り宇宙を目指す物語


内容:C+
音楽:B
絵  :C+


やはり古い作品というだけあって
若干内容が物足りないという印象を受けてしまいました
もう少し掘り下げてほしかった設定がいろいろと


音楽はきれいでよかったです


絵は安定度がないというかそれほどかわいくな・・・





お勧め攻略順は

千星→はるひ→セレン→ベルチア→歩

まず大まかな背景などがわかる千星
そしてはるひ

そのあとは異星から来た二人ですが
ベルチアを先にやってしまうと若干ネタバレがあるのでセレンガ先

そして〆が歩がいいと思います



個別の感想は以下


千星
全体的にもう少し掘り下げてほしいシナリオが多いです
それが特に思えてしまったのはこのルート

千星の「父親」の話とか

ですが展開は面白かったですね
全員で部活を頑張って宇宙を目指すぜ
って展開もよかったです

なのでなおさらさっきのところは掘り下げて
千星の目標をもっときちんと伝えてほしかったので残念でした


はるひ
アンドロイドの先生です

このシナリオはシンプルにいい話でした

ラストはどうなるのかなとか思ったのですが
なかなか納得できる内容でした


セレン
いいキャラでした

予想通りの展開だったのですが
すっきりしていてよかったです

もう少しセレンの星の話を入れてくれたりしたら
もっとおもしろくなったのではないかなぁと思いました


ベルチア
予想通りw

眼鏡萌じゃない自分はなんとも言えません
どうしてこうなった・・・

ただラストはなかなかよかったです



物足りなかったです

いい話ではあるのですが・・・

あのかませ犬は元気なのでしょうかw


歩の両親がなぜ地球を去って行ったのかはわからなかったのですが
なかなかつじつまが合っていてよかったです

そしてタイトルの意味
なかなか深い意味を持っているんだなぁと

そこがよかったです



総評として
シナリオは若干ボリューム不足でしたが
なかなかシンプルにまとまっている作品だなぁという印象でした

そして主人公がとてもいいやつです


なかなかな夏ゲー
興味がある人はやってみては?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。