週に2回のんびりと更新していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WHITE ALBUM2 ~closing chapter~ Leaf
2012年12月13日 (木) | 編集 |
WHITE ALBUM2 ~closing chapter~ Leaf

11年最高傑作といっても過言ではないでしょう作品
ホワルバ2の後編です

ホワルバicから1年かかって出されたこの作品
かなりの密度をもった内容でした



WHITE ALBUM2-closing chapter-WHITE ALBUM2-closing chapter-
(2011/12/22)
Windows

商品詳細を見る



内容は
ホワルバicの世界から数年後

かずさが海外にいってからも主人公と雪菜の距離はつかず離れずを繰り返していた
そしてまた冬がやってくる・・・


というかもう内容なんて書けません
それぐらいすごい内容でした


内容:A+
音楽:A
絵 :A

プレイ時間
1周目:4時間30分 コンプ:35時間


内容についての感想は後述


音楽ももう文句なし

絵も素晴らしいです


プレイ時間は
1周目がBAD?というかノーマルエンドなので短いです

個別の方までいくとかなりプレイ時間が長くなります


お勧め攻略順は
小春→麻理→千晶→雪菜→かずさ


なんですけども
雪菜→かずさは固定

序盤3人はどの順番でもいいんですが
小春は1番やりやすいので最初が
千晶はいろいろあるので最後がいいと思います



個別の感想は以下

小春
自分はこのルートが1番好きです

その理由は1番「雪菜のふられ方に泣けるから」です・・・

喫茶店のシーンがあああああああああああああああああああああああああああああああああ


あばばばばば

キャラとしてはそこまで好きでもないですし
シナリオとしてもそこまで面白いとは思わなかったんですが

やっぱりラストの・・・


麻理
ラストの展開は予想どおりでしたw

あとちょっと内容として弱いかなぁと
ただこのどろっとした展開が続くゲームなのでわりとあっさりしている方がいいのかもしれないですねw

そこまでは重くなくてやりやすいルートではありました


千晶
最も好きなキャラです
ルートもなかなか好みの展開です

このルートにおける雪菜の強さにも泣けました

そして
第3幕 第4場


そして
わたしは・・・彼女を恨んでるよ?
あなたを憎んでるよ?





雪菜
というか
ここまで来るのに本当に鳥肌が経ちました

cc・・・

出た瞬間に叫んでしまいました

大学編がすごくよかったですね

すごくよかったですね( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


いやもう書くことないですよ

これのラストを考えると・・・



かずさ
というわけですけども自分は絶対に許さない・・・

絶対に許さないぞ・・・orz


もうなにも書けません


とりあえずラスト2人は衝撃的展開ばかりが続きます
そんなホワルバ2

かなりの長さですがぜひやってほしい1作です


WHITE ALBUM2 ~closing chapter~ OHP

Leaf OHP
スポンサーサイト
WHITE ALBUM2 ~introductory chapter~ Leaf
2012年12月10日 (月) | 編集 |
WHITE ALBUM2 ~introductory chapter~ Leaf

Leafの名作「ホワルバ」の世界を丸戸さんが描いた「ホワルバ2」の前編です
ホワルバより人間関係が実に濃厚になっており、かなりどろどろした世界が楽しめます



WHITE ALBUM2 -introductory chapter- 初回限定版 (予約キャンペーン特典「オリジナルフィギュア」付き)WHITE ALBUM2 -introductory chapter- 初回限定版 (予約キャンペーン特典「オリジナルフィギュア」付き)
(2010/03/26)
Windows

商品詳細を見る



内容は
困っている人がいると放ってはおけない主人公
そんな主人公が学祭にむけて友人と組んでバンドを組むことになった

しかしそのメンバーが集まらなくなってしまった
メンバー集めに奔走する主人公

そして学園のアイドルとして名高い女の子と
クラスの問題児で天才音楽家として有名な女の子をメンバーに引き入れる

この出会いから物語が始まる


内容:A
音楽:A
絵 :A

プレイ時間:7時間


内容は導入としてもう文句なしです
ここまで期待させてくれる話の始まりはそうないのではないのでしょうか

最初はいつ盛り上がるんだいつ盛り上がるんだと思ってましたが
ラストはもう怒涛の展開でかなりの密度が凝縮されていました

そして後半に向けての伏線なども盛りだくさんで
icクリア後にやるとまた違った味が楽しめます


音楽ももう文句なしです
BGM,OP,挿入歌と素晴らしいです

絵もとてもきれいですね
個人的にはもう少しイベントCGがほしかったです
いやでも十分すぎるくらいあるんですけどさらに贅沢にw


プレイ時間は選択肢なし分岐なしで進むので


感想はもうほとんど書いてしまいましたが
後半に向けてかなり引き込まれる内容であったのは間違いなしです


そしてこの物語のラストは本当に衝撃的でしたね


「どうしてこうなるんだろう…
 初めて、好きな人ができた。
 一生ものの友だちができた。
 嬉しいことが二つ重なって。
 その二つの嬉しさが、また、たくさんの嬉しさを連れてきてくれて。
 夢のように幸せな時間を手に入れたはずなのに…
 なのに、どうして、こうなっちゃうんだろう…」


ここだけで泣けてきます


自分はこのゲーム序盤では
かずさぁ・・・( ;∀;)って感じでしたが
雪菜ぁ(´;ω;`)って感じに変化をして


最後は
雪菜ぁうあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ
でしたw


とりあえずやって間違いはない作品です

人間関係のどろっとした作品がやりたい人はぜひw


WHITE ALBUM2 ~introductory chapter~


Leaf OHP
WHITE ALBUM Leaf
2012年12月06日 (木) | 編集 |
WHITE ALBUM Leaf

いわずと知れた伝説の作品ホワルバです
3角関係を見事に描いた歴史ある作品の1つではないでしょうか



WHITE ALBUM リニューアルパケージWHITE ALBUM リニューアルパケージ
(2003/06/20)
Array

商品詳細を見る



内容は
駆け出しのアイドルと付き合っている主人公
そんな彼女も日々のレッスンなどで忙しくなかなか会えない日々が続く

そして彼女とも少しずつすれちがっていってしまうのだが・・・


内容:B
音楽:B
絵 :B

プレイ時間
1周目:3時間 コンプ:11時間30分


内容ですが昔の作品なのですごく淡々と進んでいきます
しかもランダム要素があったりとするのでなかなか難しい場面もあったりします
ただそこを除いても結構面白い内容だと思います


音楽はやはり話題になるくらいですし良いです


絵も個人的には好みです
ただ古いといわれそうではあるのでだいぶ好みに左右されそうです


プレイ時間は淡々と進めるので短めです
コンプもそこまで時間はかかりません


お勧め攻略順は
由綺→弥生→マナ→美咲→はるか→理奈
ですが

個人的には由綺と弥生と理奈だけやれば十分のような気はしますw


個別の感想は以下

由綺
英二に発狂したのは自分だけではないはずw
すれ違いながらもきっちり結ばれるあたりが個人的にすっきりしていて好きです

このキャラを最初にやって
このキャラを残り全てで裏切るということを感じながらやると
すごく心が痛みますよねw


――ブラウン管の向こうで歌う由綺を、ブラウン管のこちら側で俺が見つめる。
――楽園の、向こう側と、こちら側と。
――この構図は、未だに、変わらない。多分、これからも。
――でも、俺はもう、このブラウン管と俺との間に、壁を感じたりなんかしない。
――俺と由綺との間には、初めから、壁なんか存在していなかったはずなんだ。
――周囲と、そして俺とが、勝手に間に壁を造ってただけなんだ。
――こんな壁は、取り外してしまわなかったら、由綺が、永遠の壁の中に閉じ込められていってしまう。
――俺が感じていた孤独の檻に。


他のルートでも出てきますがこのフレーズがとても好きでした


弥生
さりげなくこのルートが1番好きです
少し切なさがあるようなこの雰囲気が
少し間違っているようなこの感じがなんとも言えません

でもきっと万人受けはしないでしょうw


マナ
わりとどうでもいい

とてつもなくロリですねということしか・・・w


でもキャラのつながりは面白かったです


美咲
人として1番好きです
でもやっぱり美咲さんは悪い人ですよねw


はるか
良い親友キャラです


理奈
やはり最後にこのキャラを味わうべきだと思います
理奈の強さ、由綺の強さそういったものが窺える良いルートだと思います


ただ全体通してドロドロ感があるといったら
そこまでではないのですが
やはり面白い作品だと思いました


歴史ある作品ホワルバ
ホワルバに興味を持った方はぜひやってみてはどうでしょうか


WHITE ALBUM OHP

Leaf OHP
Tears to Tiara ~ティアーズ・トゥ・ティアラ~ Leaf
2012年11月26日 (月) | 編集 |
Tears to Tiara ~ティアーズ・トゥ・ティアラ~ Leaf

王道ファンタジーを見事突き進んだこの作品「TtT」
見事なまでに「王道」でした



Tears to Tiara 通常版Tears to Tiara 通常版
(2004/04/28)
Windows

商品詳細を見る



内容は
かつて王としてこの世に君臨した主人公
死後は封印されて眠っていたがその封印を解放された

しかし封印が解けたはいいが
現世はかつてとすっかり変わってしまった世界だった

そして主人公は「王道」によりこの世を救おうと立ち上がるのだった


魔王と恐れられた主人公が世界を救うファンタジー


内容:B-
絵 :B-
音楽:B

プレイ時間
コンプ:13時間


内容は王道ファンタジーで
率直な話細かい設定は置いておいておいて
敵をぶったおして、世界を平和にするぜ的なw

良くも悪くもそれだけの内容でしたw


絵はすごくきれいですね
ただもう少しCG枚数がほしかったです


音楽はそれなりに良かったです
OP,EDともにRPGらしい曲でいい感じでした


1本道で進むのですごく楽かと思いきや
戦闘が飛んでもなくめんどくさいです
スキップできればもっと短く楽に進めるんですけどね

あまりにも戦闘が無意味だったのでマイナスでしかないです


1本道なので個別はありません

感想としては
王道
それしかないです

細かい設定なんてなかったというか
サイドストーリーみたいなのが面白くないのに豊富すぎて多様めんどくさかったです

もう少しテンポよくゲームができればもっと楽しめたのかなぁという気がします


本当に内容は
敵を倒して世界平和

それだけです

可もなく不可もなくといったところではありますけども・・・


とりあえず王道ファンタジーが好きな人はやってみてはどうでしょうか?


Tears to Tiara OHP 

Leaf OHP
アルルゥとあそぼ!! Leaf
2012年11月22日 (木) | 編集 |
アルルゥとあそぼ!! Leaf

うたわれるものがメインですが
他のLeafの作品のFDでもあります

とても遊べる内容です



アルルゥとあそぼ!! 通常版アルルゥとあそぼ!! 通常版
(2004/04/28)
Windows

商品詳細を見る



内容としては様々なゲームのFDですごく遊べる内容ということなのですが

とりあえずめんどくさかったです

好きな人ははまりそうですけど自分は無理でした


ダンジョンとかRPG
ゲーム性の低いマージャンとか本当につらかったです

Leafが本当に好きで遊べる作品がやりたいという人はやってもいいかもしれませんが
それ以外の人にはあまりお勧めしない作品です


なのになぜ自分はやったのでしょうw


アルルゥとあそぼ!! OHP

Leaf OHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。