週に2回のんびりと更新していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
North Wind DreamSoft
2012年12月17日 (月) | 編集 |
North Wind DreamSoft

04年に発売された田舎を舞台にした冬ゲーです



NorthWind 初回版NorthWind 初回版
(2004/09/24)
Windows

商品詳細を見る



内容は
後輩とかつて住んでいた田舎の村へ遊びにきた主人公
その村では祭りが行われるためその手伝いをするのだった

その途中一人の記憶喪失の女の子と出会う
彼女はいったい誰なのか・・・


内容:C+
音楽:B
絵 :B

プレイ時間
1周目:4時間 コンプ:12時間30分


内容は面白くはあるのですが
似たような展開を何周もさせられるのがめんどくさくて仕方がないです
そのせいで評価が下がりました

音楽はわりとよかったです

絵もわりときれいでよかったです


プレイ時間はコンプまでにスコしスキップしたので
きちんとやっていくともっと時間がかかると思います


お勧め攻略順は

Last Letter→Snow Memory→North Wind
といっても自動的にこのまま進みます

ただ章によって攻略できるキャラが違ったりします
ただ
儚→雪華が基本ですのでそれでいけば大丈夫だと思います


個別の感想といってもキャラごとのルートの展開はだいたい同じです


キャラとしてすごくうざいです
一体こいつは何様のつもりで主人公の周りをうろついてるんでしょうね

どこまでいっても邪魔でしかなかったです
このキャラのせいで雪華がだと思うと後味も悪くなりますし
雪華のことも平気で侮辱するような行動に走ってるなぁと思います

とりあえず不要というか雪華ルートじゃない展開も必要だからなのでしょうけども
すごく不愉快でした


雪華
この物語はこのキャラのためにあるようなゲームです
個人的には1周目の儚ルートの雪華が1番好きですが

まぁファンタジーのようなものなのでこの展開も許せますが
もう少しなんかないのかなぁという不満はあります

展開がわかっているのに周回させられるのも結構しんどいものがありました


田舎の冬ゲーというものの相性が自分は悪いのであまり評価は高くないですが
それなりにいいゲームかなぁとは思いました

興味がある人はやってみてはいいのではないでしょうか


North Wind 

DreamSoft OHP
スポンサーサイト
ホワイトブレス ~with faint hope~ F&C
2010年05月17日 (月) | 編集 |
ホワイトブレス ~with faint hope~ F&C

F&Cの昔の作品です
すごく絵もきれいで雰囲気のいい冬ゲーですね


ホワイトブレス 通常版
ホワイトブレス 通常版
クチコミを見る


内容は
ごく普通の学園生活を過ごす主人公
そんな冬のある日いとこのお姉さんが受験のために家に泊まりにくることになった

なんの変哲もない生活に少しだけ変化が訪れる

寒い冬が舞台の少しだけ温かい物語


内容:B+
音楽:B
絵  :A-


内容に関しては本当に何もない物語です

ただほんの少し温かい人が周りにいて
それで成り立つ物語で

この何もなさが本当にリアルに近いような
学生生活を思い出させるような物語でした


奇跡なんてなくって
別世界も神様もましてや幽霊とかそういうものは存在しない

本当に現実的な物語ですごく好きな作品です


音楽に関しては普通です
それといって何かいうことでもありませんでした


絵はすごくきれいですね
ヨスガノソラの橋本タカシさんですね

少し雰囲気は違いますがキャラクターがかわいいです


ホワイトブレス ~with faint hope~ パッケージリニューアル版
ホワイトブレス ~with faint hope~ パッケージリニューアル版
クチコミを見る


お勧め攻略順は
美乃→歩→ののか→凪沙→美緒
ですかねぇ・・・

もしくは
美緒→ののか→凪沙→美乃→歩


この攻略順はいつもより難しいです

美緒のネタバレがののか、凪沙ルートであります

ののかのネタバレが美緒、凪沙ルートであります


どちらかというとパッケージ絵でもある通り
美緒が一応メインなので美緒をどうするかで順番を決めました


ネタバレを気にせず美緒を〆にやるのと
ネタバレをされないために美緒から入るのと


上の方の順番の理由は
歩がこのゲームで一番独立して他に影響を及ぼさないキャラですが
歩からこの物語に入ってしまうとあまりにこの物語とずれていってしまう気がしたので最初にはしませんでした

なので学園のキャラで1番影が薄い美乃から入り歩へと行き
ネタバレをされる前にののかをやって
凪沙をやって〆で美緒ということにしました


下の方の順番の理由は
まずメインの美緒から入り
そのあとに美味しいキャラのののかをやって
凪沙をやって徐々にフェードアウトといった感じです


どちらがいいかは本当に好みです
自分は美緒で〆るのをお勧めしますがw



ホワイトブレス with faint hope
ホワイトブレス with faint hope
クチコミを見る



お勧め攻略順が長くなりましたが
個別の感想は以下


美乃
いいこですね
家族愛あふれるシナリオでした

個人的にはもう少し親父が活躍してほしかったかなぁと思わなくもないですけどね



なにげ好きなシナリオです
こんなモデルありえないといえばありえないんですけどねw

風音様がかわいいですねw


ののか
えらい子です
このシナリオのこの微妙な距離が本当に切なくてよかったと思います


凪沙
一番攻略しなくてよかった気がw
というか男とか必要ないしw


美緒
まさに家族愛です
メインキャラなだけあってなんだかんだおいしい立ち位置ですね


ホワイトブレス~with faint hope~ [DVD]
ホワイトブレス~with faint hope~ [DVD]
クチコミを見る


ぶっちゃけ書くことなんてないんです

それだけシナリオは何もないんですけども
それでもなんか温かくなるような話です

この作品はほんと高校生活をリアルに描いてるような気がします


友達となんとなく遊んで
ちょっと女の子と仲良くなって
そして付き合って・・・

そんなピュアな感じがあふれる作品でした


そこが自分のツボで決して評価はされないでしょうが好きです


魅力は今はかなりの人気の声優さんがたくさんあふれているところですがw

夏野こおり、風音、草柳順子、一色ヒカル、かわしまりの、西田こむぎ、桜川未央、AYAとかなり豪華

それだけでもやる価値はあると思いますよ


F&Cの名作「ホワイトブレス」
少し寒い冬にやってみてはどうでしょうか?


ホワイトブレス F&Cカード無初回版
ホワイトブレス F&Cカード無初回版
クチコミを見る


ホワイトブレスOHP

F&C OHP
木漏れ日の並木道 F&C
2010年05月08日 (土) | 編集 |
木漏れ日の並木道 F&C


決して熱いわけでも泣けるわけでもありません

ただとても心温まるいい話

久々に何も起きず平和なのに面白いと感じた作品でした


木漏れ日の並木道 初回版
木漏れ日の並木道 初回版
クチコミを見る


内容は
医学生の主人公
主人公が医学を志すきっかけとなったのが主人公の奥さんの死だった・・・

奥さんを忘れられず生活をしていく主人公と娘のさくら
小さな下宿先での心温まる物語


内容:B
音楽:B
絵  :B+

本当に突出したところはありません
ただ良作だと言える作品だと思います

内容は個別より共通がよかったと思いますw


音楽は普通ですw


絵は・・・こいつ、うごくぞ!

というかなかなかかわいい絵だと思いました
雰囲気にあっている絵でとても好印象でした


木漏れ日の並木道
木漏れ日の並木道
クチコミを見る


お勧め攻略順は

姫乃→伊吹→姫乃&伊吹→紅葉→楓→紫苑
ですかね

基本どのルートからでも構わないと思います
一応この順番にしたのは

メインっぽい姫乃から入り
姫野&伊吹エンドを考慮した上での伊吹をやってそのまま&ルートを終わらせます

そして下宿先の人間である紅葉につなげ

紫苑でしめるために楓を先にやるといった流れです


個別の感想は以下


姫乃
主人公がヘタれすぎますw
姫乃は本当にいい子でさくらがかわいいですw

そして展開は予想外でした
ラストは読めるんですがね


伊吹
主人公がヘタれすぎますw
伊吹ルートはなんか納得ができない感があります

結局は進めてないような微妙な気分でした


姫乃&伊吹
主人公がヘタれすぎます
エロは期待しないでくださいw


紅葉
さくらの成長した姿がかわいすぎて困りましたw
このゲームいちばんのツボw



主人公がヘタれではないように見せかけてヘタれでした
なんか引っ張ったわりにたいしたことないようなオチでしたw


紫苑
1番よかったルートだと思います
でもやっぱり主人公は(ry

未来と紫苑の違いというか
そういうところから主人公の変化がなんとなくですが感じられて良かったです



総評としては
共通の平和でのんびりした雰囲気と
主人公のヘタれ具合に耐えられれば面白い作品になると思います


とても平和で心が温まる物語
F&Cの昔の作品「木漏れ日の並木道」

殺伐としたゲームに疲れた人はやってみてはどうでしょうか?


木漏れ日の並木道 パッケージリニューアル版
木漏れ日の並木道 パッケージリニューアル版
クチコミを見る



木漏れ日の並木道 OHP


F&C OHP
みずかべ F&C
2009年10月01日 (木) | 編集 |
みずかべ F&C

水月FDのこちらみずかべ

那波と双子のためのFDですね


水月 パッケージリニューアル版
水月 パッケージリニューアル版
クチコミを見る


ちなみにこのみずかべはパッケージリニューアル版に同封されてます


内容はFDなので特に・・・
那波ルートの後日談みたいな感じです


主人公の変態度は格段に増しております


家族みたいだね的な話をしつつ
家族ならその娘にあたる双子とセクロスして過ごす毎日


そんな話あるか(#・∀・)

つまりわたくしどらどらこのFDに不満があるというか
不満しかないというか


内容★★☆☆☆
音楽★★★☆☆
絵  ★★★☆☆


まず内容は上記な通りで水月の肝といえる
前回の夢と現実の話は関わってこないので評価できません

音楽は特に変化ないので・・・

絵はFDだからといって増えているわけではなかったので
壁紙は確かにたくさん入っているんですが
シナリオの方で追加された絵のあまりの少なさが


水月が好きな人にはお勧めできるかもしれませんが
そうではない人にバラバラに買うことはお勧めしません

まぁパッケージリニューアル版買えば関係ないんですがねw



というわけで水月FDみずかべ
壁紙は素晴らしいので壁紙がほしい方は買ってみては?w



みずかべOHP


F&C OHP
水月 -すいげつ- F&C
2009年09月30日 (水) | 編集 |
水月 -すいげつ- F&C

良き時代のF&Cと言われるとこの作品を思いつく人も多いのではないでしょうか?

別名「尿月」といわれている作品でもありますがw


水月 ~すいげつ~
水月 ~すいげつ~
クチコミを見る


この作品、自分の経験したことのないようなシナリオでした(主に尿に関してw


なんというか
・・・( ゚д゚)いきなり?

という感じになりますw


この流れでどうしてこれ持って来たという気分ですよw


内容は
ある夢を見ていた主人公、目を覚ますとそこは病室だった
交通事故にあったらしく記憶喪失になってしまったらしい

昔と今の自分、それに悩む主人公
そして再び謎の夢を見るのだった・・・

夢と現実と記憶が・・・



という物語です(よくわからん説明w


内容★★★☆☆
音楽★★★☆☆
絵  ★★★★☆


内容は余計なルートがあったかなぁと感じたので減点

音楽は時代的に仕方ないです

絵は☆画野朗さんの文句なしのロリ絵ですw


お勧め攻略順は
和泉→雪→花梨→マリア→アリス→アリス&マリア→那波→鈴蘭


アリス、マリア、鈴蘭はシナリオロックがかかっています
なので最初にやるのは和泉、雪、花梨の3択

それなら本筋に全く関わらない和泉を最初

那波に関わってくる花梨はなるべく後の方がいいので先に雪

シナリオロックが外れてからは
アリスとマリアどっちでもいいと思います
ただアリス&マリアは2人をクリアしてから

鈴蘭は最後にやらないと意味が分からないです


そういう理由によりこの攻略順をお勧め



感想は

主人公が優柔不断
数あるダメ主人公の中で何も自分で決めようとしない上に
成長も全くしないように感じました

しかも変態
もちろん尿に関してでもですが
「慎重に、紐をたぐり寄せる。
・・・たぶん、貴重な体験だ、これは。」

この一文を読んだ時はこいつ死んだ方がいいとか思いましたw

どこで何の紐かは・・・
予想だにしなかった・・・


個別に関して言いたいことはそんなにないですw

花梨はよかったです


那波はちょっと物足りなさを感じました(泣いたけど



水月 パッケージリニューアル版
水月 パッケージリニューアル版
クチコミを見る



尿スキーでない方にもお勧めできる?作品にょうg・・・ゲフンゴフン

ちょと不思議な雰囲気の漂う伝奇物が好きな方にお勧めしたい作品水月

やってみてはどうでしょうか?尿への道が開けるかも(おい



水月OHP


F&C OHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。