週に2回のんびりと更新していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きっと、澄みわたる朝色よりも、 propeller
2011年10月17日 (月) | 編集 |
きっと澄みわたる朝色よりも、 propeller

この年で最もエロシーンがなかったことでエロゲーマーを発狂させた作品ではないでしょうか?w
略して「きっすみ」です




きっと、澄みわたる朝色よりも、 豪華初回限定版きっと、澄みわたる朝色よりも、 豪華初回限定版
(2009/07/24)
Windows

商品詳細を見る



内容は
かつて「四君子」と名乗りあっていた幼なじみたち
しかしあることをきっかけに主人公だけが遠くに行くことになってしまった

そして時は経ち幼なじみと共に学校へ通えることとなった
主人公の新たな生活が始まるのだが・・・

秋を舞台に繰り広げられる学園物語


とはいいつつも普通の学園モノではありませんw
これがお朱門ちゃんの文章なんですねぇ

なんとも独特の世界です


内容:B+
音楽:A
絵 :A+

プレイ時間
1周目:4時間 コンプ:19時間


内容に関してはちょっと物足りなさというか
盛大に広げたわりになんかありきたいな終わりに感じてしまいました
ただ序盤の盛り上がり方はすごいです


音楽も絵もとても綺麗で素晴らしいです
OPムービーの華麗さは年に何本もないレベルのクオリティーでしょう
何度見てもあきません

プレイ時間に関しては
1周目というか1章目の時間です
4章で19時間という構成なのでなかなかのボリューム



お勧め攻略順というかはありませんね
ただひたすら読み進めていきましょう


というわけで各章の感想は以下

ただ章のタイトルは伏せていきますね

1章
きっと澄みわたる朝色よりも

このルートはなにげに泣かされました
なんといったって「

何人がこれによって発狂したことでしょう・・・

そしてこの章によって
いろいろと謎が発生するわけですけども・・・


2章
今、確かに此処にいるあなたと、

今日、あなたが無駄に過ごした一日は、私が生きたかった一日です

明日、もしも誰かが亡くなってしまうとしても―あたしはこう思う
”でも、その人は今生きているから。今、確かに此処にいるから”
”だからその人に、明日もまたここで逢おうねって、そう言うべきだ”ってね


じゃあ笹丸ちゃん、一つ、お願いしてもいいかな?
あたしに、”明日もまた、ここで逢おう”って言ってくれる?
あたしが今、確かにここにいる事の証に



ありがとう、私を”自慢の姉”だと言ってくれて
こういう時はな、きっと、”自慢の姉”は頑張るものなんだぞ
―往け、弟よ。これ以上、お姉ちゃんの見せ場を奪わないでくれ」
「姉・・・さん・・・」
「きみにそう呼ばれる度に、力が湧いてくる
負けやしない。私は、病になんか負けやしない
きみが”自慢”と言ってくれたお姉ちゃんはな、残念ながら女らしくはないけれど。その代わり、とってもとっても男前だから
病に屈するような半端なやつになんか負けやしない



満足だよ、私は。満足な人生だった
お父さん、お母さん、ありがとうございました
私には残すものは何もなく、懸念するべき事も何もない
――なにせ、自慢の弟が自慢の妹を迎えにいったのだから


号泣です

ボロボロ泣きました
ずるいですよね、こういう展開はw

(ただぶっちゃけここがピークだったような・・・)


3章
出逢いの数だけのふれあいに、

そして謎がとかれていきますね
みるくちー
まさにみるくちー


4章
この手は繋がっている。

という感じでうまく章のタイトルも含めてまとまっています

ただ風呂敷というか2章があまりに面白かったため
ちょっと期待が高まりすぎてしまいましたw


ただ普通におもしろい作品でした


是非とも秋にはやってほしい作品だと思います

やすゆきさんのCGがとても美しく季節を表します
背景もまたすごいです


「秋」というものを感じさせてくれる作品
ぜひやってみてはどうでしょうか



きっと、澄みわたる朝色よりも、 OHP

propeller OHP
スポンサーサイト
エヴォリミット propeller
2011年10月13日 (木) | 編集 |
エヴォリミット propeller

東コンビの燃焼系の4作目です
個人的にプロペラ燃焼作品で1番面白かったと思います



エヴォリミット 初回限定版 限定突破パックエヴォリミット 初回限定版 限定突破パック
(2010/05/28)
Windows

商品詳細を見る



内容は
ある日、目を開けるとそこは自分の知っている世界と変わってしまっていた
なにが起きたのか思いだそうとしたのだが記憶までも失ってしまっていた・・・

そして明かされるのだった、この星は火星だと・・・

主人公はなぜ火星にいるのか、そしてなぜ記憶を失ってしまったのか

人類の未来をかけた熱い物語


内容:A-
音楽:B+
絵 :B+

プレイ時間
1周目:10時間 コンプ:20時間15分

内容に関しては若干甘くつけていますw
かなりツボだったのでw
とりあえず賛否両論になりそうなシナリオだとは感じました

音楽は熱いところで熱く、しんみりするところではしんみりと聞かせてくれました

絵も熱い感じのCGが多いです
ただプロペラの戦闘CGは個人的にもう少し種類がほしい気がします


プレイ時間に関してですが
1周目はやはり長くなります

個別に入るとそこまで長くはないのでやりやすいといえばやりやすいです


お勧め攻略順は
カズナ→リーティア→雫

まず間違いなくこの順以外ありえないかと

雫はロックがかかっているのかな?
まぁとりあえずメインなのでもちろん最後

カズナとリーティアだと
リーティアからやってしまうとネタバレがボロボロ出てくるのでカズナからが安定です


個別の感想については以下


カズナ

まずこのルートは災厄の猿達がかっこよすぎですw

というより「彼らの最後が・・・

このルートはどちらかというと
コウとの話」と「カンパニーマンはなにか」ということに重きがおかれてるのでしょうね


ということで名セリフですよ

コウ
我は・・・我は、大地にありて土を喰らい、海にありて魚を喰らい、空にありて鳥を喰らう。そしていつか、死に喰われて消えていく・・・なんと虚しき定めだろう・・・
だが其れこそが、我が人生。喜びも怒りも悲しみも全て、我は草木が芽吹く大地に埋めていく・・・大地に・・・


まずかっこいいですよね
こういうセリフは大好きです


チャペック
―”犬は人間最良の友であるが、いつか機械は犬と人間最良の友になる”。これは、タイロン・ブストワークが遺してくれた言葉です
タイロン
夢を叶えてくれてありがとよ、チャペック

そして泣かされました・・・
なんとも切ないシーンですよね


ドミトリ
”存在するのではなく、生きろ”。愛していることは山ほど伝えたからな。人生の指針にしてくれ

そして親父いいいいいいいいいいいい
こういうかっこいいおっさんは大好きです


いろいろ謎は残しながらも1番すっきりするのはこのルートなんじゃないかなぁと思いつつも
最後の「不知火の全能力使うのはありえないよな」とも思いますw

これがきっと賛否両論の1つなのかと


でもこういうメンタル的な闘いは大好きです



リーティア
自分が1番物足りなさを感じたのがこのルートです
ただやっぱり「災厄の猿達が救われるルート」というものを考えるとなると
こうなってしまうのかなというのは理解できます

だって「災厄の猿達が関わる=災厄の猿達が死ぬ」ってことですからねw
そうなると関係ないところでやるしかないんだろうなぁと

このルートの何に1番きたかっていうと

」の「気にするな、泣きタレ

ほんとこれは予想外の破壊力でした・・・

あまり大筋と関係ないんですけどねw

そして大筋はなんともいえない感じですw



インフレです
まぁそれは仕方がないところですよねw

そしてやっぱり災厄の猿達はかっこいいです

ツナミ
お願い、お願いだから、生きて・・・生きて・・・!お父さん大好きだから!本当、神に誓ってもいい!お母さんと同じくらい大好きだったから!ずっと、ずっと・・・!
ドミトリ
・・・いやいや。そんなのはな、知ってたさ。ずっと・・・ずっとな

というか「コウに対しての3人の行動
そして「災厄の猿達の最後

泣けますよね


どちらかというとこの話は話の大筋よりも
各キャラの生きざまやつながり
そういうものがかっこよくて楽しめる作品だと思います

ちょっとバトルはなんとも言い難い気がするのでw

ですが自分は文句なしに燃えました


個人的には
エヴォリミット>クロノベルト>あやかしびと>クロノベルト

なのでぜひやってほしい作品ですw




エヴォリミット 通常版エヴォリミット 通常版
(2010/06/25)
Windows

商品詳細を見る



エヴォリミット OHP

propeller OHP
クロノベルト ~あやかしびと&Bullet Butlers クロスオーバーディスク~ propeller
2011年09月26日 (月) | 編集 |
クロノベルトあやかしびと&Bullet Butlers クロスオーバーディスク~ propeller

あやかしびととBBのFDとなっていますこの作品
2つの世界が入り乱れたバトル展開となっています



クロノベルト -あやかしびと&BulletButlers クロスオーバーディスク-クロノベルト -あやかしびと&BulletButlers クロスオーバーディスク-
(2008/05/23)
Windows

商品詳細を見る



内容というかあまり語りたくありません
ぶっちゃけていうなら何がしたい作品だったのか・・・


内容:C
音楽:C+
絵 :B

プレイ時間
1周目?:4時間 コンプ:6時間30分(スキップ使用)


内容についてですが
九鬼ルートは評価しますが
他はちょっと・・・
詳しいことは後述します

音楽はFDなのでそこまで評価できません

ただ絵はわりと熱かったので

1周目に「?」をつけたのは何が1周目かいまいちわからないからですw
4時間とはアルルートの時間ですね
九鬼ルートは40分
そしてこの2つの時間を差し引いた時間がクロノベルトでかかった時間です


お勧め攻略順というか
アルか九鬼をやるとクロノベルトが出ます

アルと九鬼は好きな方からやればいいのではないでしょうか


感想は以下

アル
かったるいです
まずルダが人間化した時点でなんだこいつキャラちげぇ・・・って気分で
さらにはバトルもどうでもいいですよね

いきなりしょぼい雑魚がでてきて倒す
はっきりいってどうでもいいです

まぁアルはキャラとして前作できちんと回収してしまったから難しいんでしょうけどね


九鬼
こちらはなかなか面白かったです
九鬼がどうするかという決断があったり
バトルも九鬼が簡単にかなわない相手ですし
ただ短かったのが残念です

あと九鬼の奥義って4つあるはずなのにいつも焔螺子ばかり使うのやめてくださいw
こう超必殺技とか秘奥義とかくりだしてほしかったですw


クロノベルト
ループですね
だけどいったい何がしたかったのやら


個人的にあまりおもしろいFDとは言えませんでした
まぁFDなので期待するべきじゃなかったのかなぁとは思います


世間ではそれなりの評価なので前作が好きな人はやってみてもいいのかもしれません



クロノベルト OHP
 
propeller OHP
Bullet Butlers propeller
2011年09月22日 (木) | 編集 |
Bullet Butlers propeller

東コンビの燃焼系2作目です
今回はファンタジーの世界で燃える展開です



Bullet Butlers 初回限定版Bullet Butlers 初回限定版
(2007/07/27)
Windows

商品詳細を見る




内容は
かつて8人の英雄がこの世界を救った
その英雄たる印をもつものが「英雄の末裔」として現在も崇められている

そんな世界で主人公は「英雄の末裔」の候補である人物の執事として働いている

そんなある日、「英雄の末裔」の1人が暗殺される
そしてその英雄の証を引き継いだのは主人公の主人なのだが・・・

主人のために命をかける執事の物語


って書いてて
これ燃えるのか?w
とか思ってしまいました

あらすじの説明がいまいち難しいです



内容:B+
音楽:B
絵 :B+

プレイ時間
1周目:10時間30分 コンプ:21時間


内容に関してですが
個人的に燃焼系3本パックの中で1番好きな作品です
ファンタジー部分がうまくかみ合って燃える展開となっていた気がします

ただ音楽はいまいち印象にありませんw

絵はおっさんの絵がいいですねw
ガラとかレイスとか
ただやはりもっとバトルシーンの絵の種類を増やしてほしい気がしました


1周のプレイ時間はわりと長いながら
ルート自体が少ないからちょうどいいんじゃないかなぁって気がします
各キャラごとにきちんと話を作ってる印象です


お勧め攻略順は
ヴァレリア→ガラ→雪→セルマ
でしょうか

とりあえず
え?ガラ???w
って思いますけどガラENDが1番好きですw

詳しいことは後述として

ヴァレリアが導入として1番わかりやすく最初に
セルマががもちろん最後です

ガラと雪は最後の選択肢の分岐なのであまり気にする必要はないかと
個人的にガラを先にみた方がいいかなぁ程度なので

つまりは
ヴァレリア→雪→セルマ
ってことですね


ということで個別の感想は以下

ヴァレリア
1番わかりやすくてシンプルでよかったと思います

まぁそれといって予想外の展開とか何かがあるわけじゃないんですがw

ただこういうEDは好きです
1人残されてエピローグでみんなが迎えに来る
みたいなのですね

まぁ人によってはこれはハッピーエンドじゃないって思う人もいる気がしますが
自分は許します



1番レイスが輝いてました
かっこよすぎますw

橋の上の戦闘も燃えますね
こういうそれぞれ「1対1」で戦うみたいなのは大好きです

レイスの切なさが1番伝わってくるルートですが
それを上回るかっこよさなのがやはりガラですw

ガラEDは思わず泣いてしまいました
血がつながってなくてもなお娘を守ろうとする父親の姿がシブいです

雪の方はまぁ普通ですねw


セルマ
面白くはあったんですがいろいろと設定を回収し切れてなかった感がありますw
まぁTRUEなので決着はつくんですけどね

アルの心情は面白くはあったんですけどね
ただ話として盛り上がるかっていったら微妙な気がしましたw

いやいや十分面白いには面白かったんですけどね



戦う執事、Bullet Butlers
熱いファンタジーが好きな方はぜひやってみては?


Bullet Butlers OHP

propeller OHP
あやかしびと propeller
2011年09月19日 (月) | 編集 |
あやかしびと propeller

プロペラの代表作「燃焼系」の1作目あやかしびと
燃焼系の中でも最も評価の高い作品となっています



あやかしびと 廉価版あやかしびと 廉価版
(2008/12/26)
Windows

商品詳細を見る



内容は
主人公は不思議な力を持っていた
そのために隔離されていた孤島の病院に収容されていた
そこで1人の少女と出会う

主人公はその少女と共に島の外の世界へと飛び出すのだった
そして不思議な力を持つ生徒が多く通う学園へ編入を果たすのだが・・・

学園を舞台とした不思議な力がぶつかり合う熱い物語


内容:B-
音楽:B
絵 :B

プレイ時間
1周目:11時間 コンプ:30時間30分


内容についてですがはっきりいって個人的に燃えませんでした
期待しすぎてしまったのかなんともいえない気分でした

音楽も同様に内容が燃えないのに音楽だけで燃える、そんなことはありませんでした

絵も好きな人は好きなのかもしれませんが個人的に好みではないのと
バトルのシーンのCGが少なすぎる気がしました


プレイ時間は1周目もそうですが全体的に助長です

バトルが多いのかと思えば最初と最後に少し戦う程度で、
何か心理戦のようなものがあるかと思えばまったくそんなこともなく
おもしろくもない学園でのシーンが長く続くのが苦痛でした

これがこのゲームの個人的評価が低い理由でしょうか


お勧め攻略順は
刀子→トーニャ→薫→すず

これはだいたい決まりじゃないでしょうか

あまり詳しく理由を書いてしまうとネタバレになってしまうので書きませんが
この順番が少しずつ物語の伏線を拾っていっているように思えます


個別の感想は以下

刀子
いまいち特性が生かされないキャラですよねw
刀を使うだけならいまいち怪力とかいう設定もいらない気がしました

内容についてはまぁだいたい予想通り
裏切ることなくしっかりと進みます

ただラストのバトルがあまりに燃えませんでした
もう少しひねったバトルにならなかったのかなぁと
敵がなんともしょぼいことに原因があるんでしょうねw


トーニャ
トーニャのキャラは好きです
ただね、ただ背景のわりに敵がしょぼ(ry

内容についてもやっぱり期待したわりに残念でした

ドミニオンのキャラとも闘うことなくなんとも不完全燃焼な



1番よかったのはこのルートです
というか虎太郎がかっこよかったからですね

ただ気に入らなかったといえば、わりと薫さんがしょぼいw
もっとすごい能力であってほしかったですw


すず
最終ルートなわけですが
まぁ九鬼先生ゲーですよね

ひたすらに九鬼がおいしいところを持っていくため主人公は空気な気がします

個人的に主人公があまりかっこよく感じなかったのがこの評価の低さなのかなぁって気がします


敵が来たから戦う
それはいいんですけど結局戦闘の規模として小規模な印象を受けました

世界を救うとかそういうのじゃなくて
自分のためなんですけどもなんともいえないです


燃焼系ということで熱い作品が好きな人には人気です
燃えゲーが好きな人はやってみてはいかがでしょうか



あやかしびと OHP

propeller OHP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。